ヨハネス ランパルター選手(ノルディック複合)のwiki風プロフィールと成績まとめ|名門シュタムス出身、納得の実力派イケメン!

北京冬季五輪2022 ノルディック複合にオーストリア代表で出場するヨハネス ランパルター(Johannes Lamparter)選手。カッコいいですよね!

北京五輪が初のオリンピックですが、これまでの成績が凄すぎる!

国際大会にデビューしてからメダル獲得のスピードが尋常ではないヨハネス ランパルター(Johannes Lamparter)選手。北京五輪の大注目選手です。

ヨハネス ランパルター選手のプロフィールと過去の成績、そして気になる素顔と意外な一面にも迫ってみました。ご紹介します。

(ヨハネス選手の可愛すぎる彼女についてはこちらの記事で。)

ヨハネス ランパルター選手のwiki風プロフィール

氏名Johannes Lamparter(ヨハネスランパルター)
性別
国籍オーストリア
生年月日2001年11月8日
出身地オーストリア チロル州
出身校Schigymnasium Stams
趣味登山、スキー、マウンテンバイク、サイクリング、ウェイトリフティング
家族父(Hannes Lamparter)、母(Angela)、妹(Anna)

フォレストレンジャーである父の影響もあり、彼は子供の頃から自然の中に身を置くことがとても好きだったそうです。穏やかな自然の中で過ごす習慣て素敵ですよね。

ヨハネス ランパルター選手は幼い頃に従兄弟の影響を受けてスキージャンプをはじめ、すぐにスキージャンプが好きになったそう。当時 彼のコーチで元オリンピック選手アンドレアス・フェルダー氏のアドバイスもあり、クロスカントリーも始めます。

『ノルディック複合』はスキージャンプとクロスカントリースキーの成績を組み合わせて競うため、『持久力』と『瞬発力』という全く異なる能力を求められる難易度の高い競技。

しかしヨハネス ランパルター選手は『異なるものを組み合わせるところに魅力を感じた』とインタビューで語っています。

ヨハネス ランパルター選手はアスリート養成の超絶エリート校出身

ヨハネス選手の出身校は『シーギムナジウム・シュタームス(Schigymnasium Stams)』。スキー王国オーストリアを死守するために創設されたスキーアスリートを育成するための超有名なエリート校です。

1967年創設後、シュタームス出身のスキーヤーによる獲得したメダルは2017年11月時点で既に300個以上。冬季オリンピックと世界選手権では金メダル100個、銀メダル78個、銅メダル82個にもなるそう(Schigymnasium Stams 公式ページ)。

厳しい入学試験を合格した生徒たちは皆選ばれし才能の持ち主揃い。

2014年にオーストリアの州選手権でヨハネス ランパルター選手初のメダルを獲得、2位という素晴らしい成績を残しました。この時、まだわずか13歳。

その後2016年にはFIS国際大会デビューも果たします。初出場の国際大会はなんと9位。

デビューしてすぐに素晴らしい活躍をするのもシュタームス出身なら納得です。

ヨハネス ランパルター選手は King of Ski!|成績が凄すぎる!

高度な技術と能力を求められるノルディック複合競技。ヨーロッパではこの競技王者を『King of Ski』と称賛します。

今後間違いなく『King of Ski』として更に活躍するであろうヨハネス ランパルター選手。

今回はあえて表彰台にのぼった戦績のみを表にまとめてみました。それでもすごい数。まさにKING!

FISワールドカップ

開催日開催地個人/団体種目成績
2020年11月26日Ruka個人戦HS142/5.0 Km3位(予備記録)
2020年11月27日Ruka個人戦HS142/5.0 Km準優勝
2021年1月16日Val di FiemmeチームスプリントHS104/2×7.5 Km準優勝
2021年3月20日Klingenthal個人戦HS140/10.0 Km3位(予備記録)
2021年3月20日Klingenthal個人戦HS140/10.0 Km3位
2021年11月25日Ruka個人戦HS142/5.0 Km優勝(予備記録)
2021年11月26日Ruka個人戦HS142/5.0 Km準優勝
2021年11月28日Ruka個人戦HS142/10.0 Km準優勝
2021年12月5日Lillehammer個人戦HS140/10.0 Km準優勝
2022年1月6日Val di Fiemme個人戦HS106/10.0 Km3位(予備記録)
2022年1月8日Val di Fiemme個人戦HS106/10.0 Km優勝
2022年1月9日Val di Fiemme個人戦HS106/10.0 Km準優勝
2022年1月15日Klingenthal個人戦HS140/10.0 Km優勝
2022年1月16日Klingenthal個人戦HS140/10.0 Km優勝
2022年1月28日Seefeld個人戦HS109/7.5km3位
2022年1月29日Seefeld個人戦HS109/10.0km準優勝
2022年1月30日Seefeld個人戦HS109/12.5km準優勝

2018年12月にワールドカップデビューしたヨハネス ランパルター選手。初出場するとすぐに頭角を現します。強敵な選手が集うワールドカップでも初出場にも関わらず21位で初のポイントを獲得。

その後順調にワールドカップでも表彰台の登壇回数を増やすヨハネス ランパルター選手ですが、チーム戦にはほとんど出場せず個人戦に注力します。

彼がチームに入っていたらオーストリアチームは負け知らずになっていたかもしれません。

ノルディックスキー世界選手権

開催日開催地個人・団体種目成績
2021年2月28日Oberstdorf団体戦HS106/4×5 Km3位
2021年3月4日Oberstdorf個人戦HS137/10.0 Km優勝
2021年3月6日OberstdorfチームスプリントHS137/2×7.5 Km優勝

ノルディックスキージュニア世界選手権

開催日開催地個人/団体種目成績
2018年2月1日Kandersteg団体戦HS106/4×5 Km優勝
2019年1月23日Lahti個人戦HS100/5.0 Km準優勝
2019年1月25日Lahti団体戦HS100/4×5 Km3位
2019年1月27日Lahti個人戦HS100/10.0 Km優勝
2020年3月4日Oberwiesenthal個人戦HS105/10.0 Km準優勝
2020年3月8日Oberwiesenthal団体戦HS105/4×5 Km優勝
2021年2月11日Lahti個人戦HS100/10.0 Km優勝

ノルディック複合・コンチネンタルカップ

開催日開催地個人/団体種目成績
2019年1月4日Klingenthal個人戦HS140/10.0 Km3位

コンチネンタルカップに初出場、すぐに表彰台にたつヨハネス ランパルター選手。しかし残りのシーズンはコンチネンタルカップには出場せず。

もし出場していたら間違いなく取得のメダル総数が増えていたでしょう。

ノルディック複合・アルペンカップ

開催日開催地個人/団体種目成績
2018年1月14日Schonach個人戦HS106/5.0 Km3位
2018年2月17日Baiersbronn個人戦HS90/10.0 Km優勝
2018年2月18日Baiersbronn個人戦HS90/5.0 Km準優勝
2018年2月24日Planica個人戦HS102/5.0 Km優勝
2018年2月25日Planica団体戦HS80/4×3.3 Km優勝
2018年3月10日Chaux-Neuve個人戦HS118/10.0 Km優勝
2018年3月11日Chaux-Neuve個人戦HS118/5.0 Km優勝
2018年10月7日Val Fiemme-Predazzo個人戦HS106/5.0 Km優勝

ヨハネス ランパルター選手の意外な素顔|ウェイトリフティングの全国チャンピオン!

実はスキー以外にもスポーツチャンピオンの称号を持っているヨハネス ランパルター選手。

それがウェイトリフティング競技。幼い頃から父、妹とともに続けているスポーツの一つだそう。

2016年7月、彼はASKÖ全国フライ級選手権のU-15カテゴリーで金メダルを獲得。

2018年はオーストリア国内で開催された大会で合計4つのメダルを獲得。

2018年といえばノルディック複合の大会でもメダルを多数獲っているヨハネス ランパルター選手。素晴らしすぎます。

ウェイトリフティング選手とノルディック複合選手の選択を迷った際、『どちらの競技も長く続けられるものではない』と悟っていたヨハネス選手。決断当時、より強く魅力を感じていたノルディック複合選手への道を進むことにしたそうです。

余談ですが、ヨハネス ランパルター選手の妹であるアンナさんはKSVRumの重量挙げ選手として活躍。

アンナさんもまたヨハネス選手に負けないくらいの美形。美しくて強いランパルター兄妹、最強です。

まとめ|ヨハネス ランパルター選手の今後の活躍から目が離せない!

幼い頃にスキーの才能を開花したヨハネス ランパルター選手。スキーの名門シュタムスに入学し、更に実力をつけていきます。

大会デビュー後すぐに次々と好成績を出して頭角を表すヨハネス ランパルター選手ですが、全ての大会、種目に出場するわけではなく、参加するものを絞っています。

それでもデビューからの短期間で素晴らしい数のメダルを獲得。もし彼が他の大会や、チーム戦などにも参加していたら、彼のメダル総数は凄いことになっていたことでしょう。

今回ヨハネス ランパルター選手の大会結果をまとめていて気づいてのですが、彼は予備記録ではそこまで本気を出さずに、本戦に全力投球する傾向があるようです。

彼のプロヴィジョンラウンド(予備記録)順位は4位以降で推移することが多いものの、その後の本戦では素晴らしい記録を打ち出し、高い確率でメダルを獲得。

このような力配分の巧みさもまたヨハネス ランパルター選手の素晴らしいところ。この若さでこのように自分の力や周りの選手のレベルを把握し、調節できるなんて天才です。

初出場となる北京冬季五輪。ヨハネス ランパルター選手の活躍がとても楽しみです。

ヨハネス ランパルター選手、がんばってください。

【関連記事】
ヨハネス ランパルター選手(ノルディック複合)の彼女は誰?|美男美女すぎる注目カップル!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました