【2022年】NHK和久田麻由子アナ『妊娠の可能性なし』を検証!|ふっくらしてますます魅力的→ほっそりスリムに!(最新画像)

2021年、朝の顔からすっかり夜の顔が定着した和久田麻由子アナ。ゆったりとした服装が増えたことに注目が集まり、妊娠しているのでは?という噂が出ていました。

たしかに結婚前に比べるとふっくらした印象がありますが、知的さに加えて柔らかい雰囲気もまとい、ますます魅力的。

結論を先にいうと和久田麻由子アナの『ふっくら』は妊娠とは無関係と思われます。今回は『和久田麻由子アナの妊娠はしていない』ことを検証し、まとめてみました。

※【追記】2021年12月31日に行われた『第72回紅白歌合戦』でほっそりときれいになった和久田アナのドレス姿が話題に!

和久田麻由子アナウンサーの妊娠の噂とは

2019年2月に猪俣英希さんとご結婚された和久田麻由子アナウンサー。結婚時に懐妊はありませんでした。

しかし結婚後は独身時代のスレンダーな頃と比べて、気持ちふっくらとしてきた印象。

猪俣さんとの結婚後ということもあって、ふっくらとしてきた2020年夏頃から『和久田アナは妊娠しているのでは?』という噂がでるようになりました。

結局2020年は妊娠、出産もなく、単なるコロナ太りであったことが判明。『和久田麻由子アナの妊娠説』も一旦は落ち着きました。

【2021年9月】和久田麻由子アナが番組を長期休み!もしかしてご懐妊?

2021年9月過ぎ頃から再び増えだした『和久田麻由子アナ妊娠説』。きっかけは和久田麻由子アナが9月に入ってから『ニュースウオッチ9』を2週間お休みしたこと。

ネット上では妊娠の可能性や体調不良を心配する声も上がっていましたが、実際には単なる夏休み休暇。

和久田アナはオリンピック開会式やパラリンピック中継等を担当していたため、夏季休暇が後ろにずれ込んでしまっていました。

しかもオリンピック、パラリンピック開催中はそちらを担当していたため『ニュースウオッチ9』はお休み。その後パラリンピック閉会後にそのまま自身の夏休みに入りました。

NHKほどの大手になると2週間もしっかりと夏休みがもらえるのですね。素晴らしいです。

毎日見ている和久田アナがスタジオにいないだけで、いつもの番組に違和感を感じてしまうので不思議です。

普段『ニュースウオッチ9』を見ている方にとってオリンピック開会式から夏休み終了まで和久田アナが番組にいなかったことになるので、とても長く感じた可能性もありますよね。

【妊娠を仮定】2021年9月の長期休みが悪阻に因るものだった場合の出産スケジュール

悪阻がでるのは妊娠5週〜15週頃が一般的でピークは8週〜10週。

仮に妊娠8週〜10週を和久田アナがお休みしていた9月6日〜9月20日で設定してみると出産スケジュールは下記の通り。

【仮定】和久田アナ 出産スケジュール

2021年9月6日:妊娠8週
2021年9月20日:妊娠10週
2021年10月29日:妊娠15週(紅白歌合戦司会発表)
2021年12月31日:妊娠24週(紅白歌合戦司会)
2022年4月18日:出産予定日

通常 妊娠検査薬で結果判定ができるのは妊娠5周目頃、もし忙しくて検査をしていなかったとしても体調の変化から9月後半には本人にも自覚症状が出てくるかと思われます。

妊娠初期症状 代表例
  • おりものの量が増えた、色が変わった
  • 少量の出血
  • 腹痛・下腹部痛・お腹が張る
  • つねに眠い、昼間に眠くなる
  • 食欲がなくなった、食欲がありすぎる
  • においに敏感になった
  • めまいやふらつき
  • なんだか熱っぽい
  • わけもなくイライラする、気分が落ち込む
  • 便秘がち
  • 胸が張る、乳頭がチクチクする

出典:赤ちゃん本舗|妊娠超初期症状のチェックポイント

今はコロナ禍ということもあり、ご自身の体調変化には特に敏感にもなっているはず。和久田アナが妊娠していたと仮定するなら妊娠に気づかずに現在まで過ごしているということは考えづらいです。

つまり もし現在妊娠してふくよかになっているのであれば服装や仕事など、妊娠で影響するものに気を遣っていると考えられます。

それを踏まえて『和久田麻由子アナ妊娠の可能性』を検証していきたいと思います。

【仕事面から検証】2021年末〜2022年度にかけて和久田アナは重要ポストにすでに内定|出産は無理!

2021年紅白歌合戦の司会が発表されたのは2021年10月29日。

上で示した『【仮定】和久田アナ 出産スケジュール』にあてはめると、仮に妊娠が事実だった場合、司会発表前には確実に妊娠が判明しています。

打診や内々定自体が仮に妊娠発覚よりも前の段階であったとしても、妊娠による司会変更は発表前にできたはず。それをせずに2021年紅白司会を発表したのはやはり『和久田アナが妊娠していないから』といえそうです。

同様に先日『2022年度からニュースウオッチ9の土曜進出および和久田麻由子アナの単独起用が内定』という報道がありました。しかし、仮に妊娠をしていれば2022年度は出産とかさなるのでありえません。

以上より、仕事面のスケジュールで検証した結果、『和久田麻由子アナは妊娠していない』といえそうです。

仮に年末の紅白歌合戦は妊娠安定期に入っているので司会を務められたとしても、出産、育児がある2022年に新番組の単独キャスターはまず無理でしょう。

和久田麻由子アナウンサーの懐妊の可能性は2021年12月時点ではほぼなしと考えられます。

【服装面から検証】和久田アナの靴は妊婦に危険なピンヒール|妊娠はデマ!

2021年に入り、和久田麻由子アナウンサーの服装がゆったりとしたデザインが増えたために再び浮上した妊娠説。

動画は2021年11月21日のもの。和久田アナはどんな服装も上品に着こなしていて素敵。たしかに気持ちゆったり目の服装ですね。

しかし注目したいのは彼女の靴。妊娠した女性が気を使うポイントは洋服の締め付けだけではないのです。

お腹に赤ちゃんを宿している妊婦さんが気をつけるべき1つに『転倒』があります。

悪阻や貧血で突然ふらついたり、足元が浮腫みやすくなったり、体の重心が変化したり、と転倒リスクが高くなる妊娠期間。そのリスクをできるだけ低くするためにも、衝撃を吸収するスニーカーやヒール部分が太めで安定感ローヒールがおすすめされます。

もし現在和久田アナが『ふっくら』している理由が妊娠であれば、高いヒールの靴は履いていないはず。

上は2021年11月23日の画像です。ばっちりハイヒールを履いています。

他の日の和久田アナの全身が映る気象情報のコーナー等もいくつか確認しましたが、和久田アナの履物はいずれの日もヒール部分が細く安定感のないハイヒール。

2019年5月に出産したNHK鈴木奈穂子アナウンサーは妊娠中 ヒールの低い靴で『ニュース7』を担当していました。

NHKが番組としてハイヒールを強要しているわけでもなさそうなので、履物の点からも『和久田麻由子アナは妊娠していない』といえそうです。

まとめ|2021年12月現在、和久田麻由子アナは妊娠していない!

  • 2022年度の新番組 単独メインキャスターが内定している(ので出産の可能性は低い)
  • 服はゆったりしているが、靴は安定感のないピンヒール(ので妊婦の可能性は低い)

以上の検証より、和久田麻由子アナが2021年に妊娠している可能性はとても低いと考えられます。

2020年3月末から『ニュースウオッチ9』に出演時間帯がかわり、帰宅時間や食事、就寝時間等の生活スタイルの変化が『和久田麻由子アナのふっくら』に関係しているのでしょうね。

今後もし和久田アナが妊娠したとしても、NHKには産休制度があります。鈴木奈穂子アナが復帰したように、和久田麻由子アナも妊娠した際にはその制度を上手に利用してNHKを離れることなく是非戻ってきてほしいです。

NHKの絶対的エース和久田麻由子アナ、2022年度は今よりももっと彼女をテレビで拝見することになりそうですね。

【追記】ほっそりと美しい出で立ちの和久田麻由子アナ(2021年12月31日)

第72回紅白歌合戦の総合司会をつとめた和久田麻由子アナ。艶やかなドレスを身にまとい、出場歌手よりも目を惹く存在感。

ネット上では和久田麻由子アナを『錦鯉』に例える視聴者も。

鯉は昇り龍の化身として縁起のいい生き物とも言われています。昇り龍なんてまさに絶好調の和久田麻由子アナにピッタリ!

2022年4月からは『ニュースウオッチ9サタデー』のメインにも決定。素敵さがとまらない和久田麻由子アナからますます目が離せません。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました